Not centre of the universe (maybe the earth)

(*゚∀゚)=3333333 ➡ (# ゚∀ ゚)

32.Aqueous misdirection syndrome, malignant glaucoma(Treatment)

(W 237
(Tr)
1.If iredectomy (Iris hole) is not present or not clearly patent → PI
If clear mal gla, medical therapy as below

2. Atropine 1% and phenylefrin 2.5% 4id

3. CAI po/iv, acetazolamide 500mg iv or 500mg po

4. Drop beta-(-), timolol 0.5% 2id

5. Drop alfa2-(+), apraclonidine 1% 2id

6. If needed, hyperosmotic anent, mannitol 20% 1-2g/kg iv over 45 mins


If attack is broken continue drop atropine 1%/d indifinitely

If 1-6 are unsuccessful;

7.YAG laser to anterior hyaloid face and posterior capsule if afakic/IOL
   If patent PI try to it

8. Vit and reformation of AC w rupture of anterior hyaloid face

9. Lensectomy(PEA?????) w disruption of anterior hyaloid face or vitrectomy (???)

10. Argon laser of adj processes.

NOTE: undetected anterior choroidal Deta may be present - sclerotomy to drain CD may be considered b4 vit

 

(F/U) Variable

 PI is usually performed in occludable contralateral ai win week after treatment.


ここで問題があり過ぎて笑えるくらいだが、ちゃんと原理が分かっていれば何とかなる。兎に角、アトロピン点眼だけでは治らない(だから??malignant)上、1-6で治るとは到底思えない上ピロカルピンはほぼこの状態では禁忌。そもそもアトロピンがどうして効いているのか、不明。
急性緑内障の治療は個々の(etio)から個別の(Tr)を判断する必要がある。
縮瞳薬のピロカルピンを使用するのは例外。

注:「Malignant Glaucoma/Aqueous misdirection syndromeについて、何だかよく分からない」
→(1)

この(1)の場合、絶対にKanskiを買うべき。

このentityについては分からないのが当然。

逆に、これが分かるなら眼科は全部分かる。多分。

従って、Kanskiを購入するのを力強く勧める。

(1)に至ると言う事は、勉強する気があると言う事とイコールだからである。

Kanskiを呼んでWillsを読んでいればある時、パッと分かるはず。

そしてYoutubeを見たら、それでもう私と同じレベルで御座います。何も言う事はありません。